QRコード
QRCODE

店長情報 トップページ
店長情報

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
陽菜kakadoll
陽菜kakadoll
店長情報 › リアルラブドールの誕生写真 › 明智光秀は天海ですか。その背後の真実は

2018年10月12日

明智光秀は天海ですか。その背後の真実は

明智光秀といえば、織田信長を討ち取った「本能寺の変」が有名です。光秀はその後、中国(今の岡山県)から取って返した豊臣秀吉に討伐され、“三日天下”という言葉を後世に残すことになりました。しかし、この光秀が、実は生きていたのではないかという説があります。
https://www.kaka-doll.com/140cm.html
260年もの長きにわたる江戸時代の基礎を築いた徳川家康には、朝廷政治や宗教についての相談役がいました。南光坊天海(なんこうぼうてんかい)というその僧侶こそ生き延びた明智光秀だったのではないかといわれています。天海については不明な点が多いのですが、当時としては異例の100歳を越える長寿だったと伝えられています。
https://www.kaka-doll.com/155cm.html
南光坊天海
南光坊天海。謎に包まれた人物として知られています。
この説を最初に提唱したとされるのは明治時代の作家・須藤光暉(南翠)で、その後に明智光秀の子孫と称する明智滝朗が『光秀行状記』で主張したことから一般に広まりました。
https://www.kaka-doll.com/165cm.html
光秀が天海だったとする説の根拠には様々なものがあります。もっとも有名なのは徳川家康が祀られている日光東照宮に、明智家の家紋である“桔梗紋”があるというもの。徳川家の”葵”の家紋ではなく、桔梗紋が残されているのは確かにミステリーですよね。加えて、日光には“明智平(あけちだいら)”という地名があります。この明智平の名付け親が、天海なのはいうまでもないでしょう。明智の名を後世に残したかったのか、謎は深まるばかりです。
https://www.kaka-doll.com/
その他にも、家光の乳母である春日局(光秀の重臣である斎藤利三の娘)が江戸城に入った際に「お久しぶりでございます」と天海に挨拶したという逸話や、秀忠と家光の名前に光秀という文字が隠されているといったものまで、さまざまなエピソードが明智光秀=天海説の根拠として現在も語り継がれています。

http://kakadoll.go-jin.com/e70715.html
https://blogs.yahoo.co.jp/aidollsss/MYBLOG/complete.html?pid=21245556&cat_id=555021711&embed_twitter=0&embed_loco=0


Posted by 陽菜kakadoll at 16:23│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。